ホームページ制作 SEO 運営サポート 歯科の先生へ 制作実績 カスタマーインタビュー

  1. トップページ
  2. 記事一覧
  3. 歯科
  4. 【医療広告ガイドライン】「学会会員」「認定医」「研修(セミナー)受講歴」は掲載できない!?
【医療広告ガイドライン】「学会会員」「認定医」「研修(セミナー)受講歴」は掲載できない!?
医療広告ガイドラインでは「学会会員」「認定医」「研修(セミナー)受講歴」は広告に掲載できないことが記載されていますが、条件を満たすことで、ホームページには掲載できる場合があります。



「学会会員」・・・掲載不可

学会の「現役役員」のみ、その旨をホームページに掲載できます。
「会員」の方は掲載できません。

現役役員である旨をホームページに掲載する場合、
所属学会のホームページの役員名簿に、自分の名前が掲載されていることが条件になります。
また、役員を辞めた場合は、ホームページから削除する必要があります。



「認定医」・・・ホームページなら掲載可

医師が掲載できる資格は決められていて、厚生労働省のホームページから確認できます。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2013/05/tp0531-1.html


歯科医師が掲載できるのは5種類です。

【歯科医師の専門性資格】
──────────────────────────────
 (団体名)                (資格名)
○公益社団法人    日本口腔外科学会   口腔外科専門医
○特定非営利活動法人 日本歯周病学会    歯周病専門医
○一般社団法人    日本歯科麻酔学会   歯科麻酔専門医 
○一般社団法人    日本小児歯科学会   小児歯科専門医
○特定非営利活動法人 日本歯科放射線学会  歯科放射線専門医
──────────────────────────────

加えて、「医療広告ガイドラインQ&A」 には、ホームページに限り、限定条件を解除することで「認定医」「指導医」の掲載が可能という記載があります。

医療広告ガイドラインに関するQ&A(Q&A 3-5、P.14 2019年9月18日現在)
https://www.mhlw.go.jp/content/000371812.pdf


それ以外の資格は掲載できません。



「研修(セミナー)受講歴」・・・ホームページなら掲載可

医療広告ガイドライン(P.21)には
「研修については、研修の実施主体やその内容が様々であり、医療に関する適切な選択に資するものとそうではないものの線引きが困難であることから、広告可能な事項とはされておらず、広告が認められていない事項であることに留意すること。」
という記載があり、掲載できないことが明記されています。

しかし、「医療広告ガイドラインQ&A」 には、ホームページに限り、限定条件を解除することで、掲載が可能という記載があります。

医療広告ガイドラインに関するQ&A(Q&A 2-20、P.12 2019年9月18日現在)
https://www.mhlw.go.jp/content/000371812.pdf



「学会会員」「認定医」「セミナー受講歴」等は、当初ホームページへの掲載が全て禁止されていましたが、補足資料であるQ&Aが追加され、一部は掲載可能に変わりました。

Q&Aは今までに、何度か改定されています。
これまでは「禁止」とされていたことも、実は掲載できる場合もあります。

歯科ホームページを制作する際には、Q&Aが更新されているかどうか、確認することをお勧めします。




医療広告ガイドライン、歯科ホームページ制作のための注意点
記事一覧
カテゴリ一覧 :「ブログ」「WEB制作」「SEO」「運営サポート」「歯科」「お知らせ